UR集合住宅歴史館訪問その3-戦後最初期のシステムキッチン

住宅公団蓮根団地に設置された日本最初期のシステムキッチン


UR集合住宅歴史館についての記事3本目です。

晴海高層アパートとほぼ同時期に竣工した、板橋区蓮根団地(昭和32年(1957年)竣工)に設置された日本最初期のシステムキッチンを見学しました。

こちらもベランダまで再現されています。ベランダ側から入りました。

食堂と寝室が分離されたのは実はつい最近、戦後になってからの話です。それまでは日本の庶民の住宅は食住一致していました。これが分離されたのは、戦前から戦後にかけての建築家(建築学者)の西山夘三による日本住宅の使われ方調査によるものです。これらの研究は戦中から戦後にかけて、同潤会調査部から住宅営団において行われました。この結果をベースに、職住分離のコンセプトが立てられ、蓮根団地はそのプロトタイプとして作られたものだったのです。

キッチン詳細、人造石研ぎ出しの仕上げです。この後、ステンレスキッチンが開発され、採用されます。(人造石研ぎ出しの仕上げが採用されたのは少ない、これは貴重な遺構)

これは引きの写真、システムキッチンと併設されたダイニングテーブルも戦後初期のモノ、その斬新なデザインはとても人気があり、持っていかれないように鎖で繋がっていたとのこと。

こちらは同潤会アパートに設置されたキッチン、つい10年前の最先端でもこんなデザインとレイアウトでした。(まあ戦前戦後の違いはありますが、、、)

こちらは昭和33年(1958年)竣工の多摩平団地テラスハウス、こちらはステンレスシステムキッチンが導入されています。大分今のデザインに近付いてきています。

戦後15年の間に、日本人の生活は革命的な進化がありました。これは戦争の破壊によるインフラの一新にも起因しています。古い日本の生活や、家族習慣が、住宅公団の団地の登場によって一気に変わりました。その影響は、今でも続いているといっても過言ではないのです。


関連する記事

UR集合住宅歴史館訪問その1-同潤会アパート

UR集合住宅歴史館訪問その2-晴海高層アパート

 

 

 

 

UR集合住宅歴史館訪問その2-晴海高層アパートメント

晴海高層アパートメント模型、ここも現存するとき、何度も訪問した。平成9年に解体。現在は晴海トリトンスクエアになっている。(その落差に、最初は位置関係もわからなかった。)


先日の、UR集合住宅歴史館訪問のつづきです。次は晴海高層アパートメントについて。昭和33年竣工。日本最初の高層アパートです。設計は東京文化会館など、日本の近代建築の牽引車であった前川国男。

まずは模型から。全体のデザインは力強く、やはり前川の師匠であるル・コルビジェのユニテ・ダビダシオンを想像させます。

この模型は3層6住戸を一単位としたメガストラクチャーの構成を表現しています。将来の住宅の、規模も含めた可変を考慮した先進的なものでした。現実はそのような大規模な変更はなく、このままの構成でつかわれつづけたのですが、、、。

素晴らしいのは住宅のインテリア。全ての線が一致するように、高さ、畳の割り付け、欄間の位置が調整されています。前川らしい几帳面なデザイン。

一方で、配管は当初露出配管だったとの事。スペースの有効利用を考えていたとの事ですが、、、。

前川国男デザインによるダイニングテーブルと椅子。かっこいい!

WCと風呂の境界壁のデザイン。照明が両方を照らす形に。当時は照明の電力消費量が大きかったことによる苦肉の策。

これが面白い。各住戸へのアクセス図。スキップフロアのため、各住戸を訪れた人が迷わないようにとの配慮。でも、当時はスキップフロアなどないから、混乱しただろうな。。。

こちらは移築されたシリンダー状の外部階段。竣工後住民の要望で追加されたとの事。現地から良く持ってきましたね。

階段の模型、最初から設計されていたのかと思っていました。

かように、外から眺めたことはあったけと、インテリアを見てその良さを再確認しました。晴海高層アパートを解体すると聞いて、よくもまあそんな日本の建築遺産を解体するか、と思いましたが、いまだったら保存して再生する、という選択肢もありえたかもしれません。メガストラクチャーが現代のニーズに合わせて再生するところを見たかった気がします。


弘前市 前川国男の処女作「木村産業研究所」を見て

前川国男の処女作の視察記

前川國男の外装/上野公園の建築3題

外装材をテーマに、上野にある前川国男の建築について

UR集合住宅歴史館訪問その1-同潤会アパートメント

代官山の同潤会アパートメント模型、何回も見に行ったが、解体されてしまった。当時の写真は書庫を探せばあるはずだが、、、


先日機会があって、以前から行きたかった八王子にあるUR集合住宅歴史館に行ってきました。今回はその中でも特に集合住宅歴史展示棟について書きたいと思います。こちらの施設の一番の特徴はUR(旧名;日本住宅公団)の歴史を飾る代表的な建物のインテリアを移築して再現していること。これが日本の住宅史の貴重な資料ということで、ようやく現物を見ることができました。とはいっても、実は外から眺めたことがある建物が多いのだけど。

展示は同潤会アパートから始まります。同潤会アパートとは、、、UR集合住宅歴史館で配布されている資料から引用します。

「大正12年(1923年)の関東大震災の住宅の復興を目的に、義損金をもとに内務省の外郭団体として設立されたのが財団法人同潤会です。同潤会は、住宅不足を補うため直ちに木造住宅の建設に着手、その後、大正15年(1926年)からは、耐震耐火のアパートメントを建設、入居が始まります。同潤会アパートは、当時まだ珍しかった鉄筋コンクリート造の建物に、狭いながらも、ガスや水道、水洗便所を備えた賃貸住宅として、新しい生活様式を提示。10年間に東京と横浜の16か所に約2,800戸を供給しました。」

いわば、日本の近代集合住宅の原点でもある同潤会アパート、展示は東京に建設された建物すべての全体模型から、同縮尺で並べられた模型はすごい迫力で、これだけでも見に来た価値があります。

清澄通りの同潤会アパートメント群の模型、これらも全て解体されてしまいました。こちらもかつて何回も現地に見に行ったことがありました。

続く展示は、同潤会代官山アパートメントのインテリア移築。

当時の材だけでなく、家具、照明も全て移築されています。インテリアのデザインは、直線の構成など、どこかアールデコ調なところがあって時代のセンスを感じます。

窓も再現されています。下の窓はすりガラス、上のガラスは透明、プライバシーの確保だけでなく、天皇行幸のルートでもあったので、直接外が見えないようになっています。

造り付けベッド、下は収納になっています。

照明器具も当時のモノ。

仕上材と構造材の一部も移築。

これが面白い、集合住宅の扉の変遷。最初は木扉で、防火のため一部だけ鉄を貼っています。プライバシーや防音を考慮し扉がどんどん重く頑丈になっているのがわかります。ですが、これとあわせて住宅の個別化、核家族化が進み、家庭間の交流が減少していきます。

同潤会アパートの試みから日本の近代集合住宅は始まりました。ここでのノウハウが戦後の日本住宅公団にすべて引き継がれていきます。日本の集合住宅建築の歴史がここに息づいています。


引き続き、次は戦後の前川国男設計「晴海アパートメント」についての記事です。

 

「廃校からドローン練習場へ 校舎を再活用した施設が続々」週刊朝日2018年10月12日号

週刊朝日2018年10月12日号で、以前当社古宇田がオープンに向けて支援した、株式会社i-roboticsが運営する「ドローンフィールドkawachi」が、「廃校からドローン練習場へ 校舎を再活用した施設が続々」という記事の中で取り上げられています。昨年末オープン後も着々とさまざまな形で利用されるようになってきているということで、利根川の河川上を片道5km飛ばせる環境など、国内有数の環境を整えたこともあり、当初のねらいが少しづつ形になっています。ドローンは地方再生における有力なツールです、今後の展開を期待しましょう。

「廃校からドローン練習場へ 校舎を再活用した施設が続々」

「廃校フォトギャラリー」

職員室もコミュニケーションラウンジに


ドローンフィールドkawachi←当社の紹介ページ

かつての中学校の玄関が、いまは研究所のエントランスホールに。


「マルセル・デュシャンと日本美術」展

10月2日より東京国立博物館で開催されている「マルセル・デュシャンと日本芸術」展、この三連休時間を作って早速観て参りました。世界に冠たるマルセル・デュシャンのコレクションを有するアメリカ・フィラデルフィア美術家との共同開催で、もう現地に行かない限り二度と見られないようなデュシャンの作品群をまとまってみることができるはじめての機会です。私も実物は一回も見たことがなく、ずっと作品集で眺めていた一連の作品と出会えるので、開催が告知されてからずっと楽しみにしておりました。日本側のキュレーションは東京国立博物館の名物ディレクター松嶋雅人。


改修されたエントランスホール、設計は安井建築設計事務所


久しぶりに国立博物館を訪れたら、エントランス部分が改修されていて、チケット売り場に行列が、三連休ということもあり、混んでいるかと思いかなり構えて苑内に入ったのですが、、、展示は奥の新館で、館内に入って人ががくんと減り、二階の展示室でゆっくり展示を見ることができました。

展示は、これまで国内でぼくもかなりの数の展覧会を見てきましたが、その中でも屈指の素晴らしい展示で、じっくりデュシャンの世界を時系列に合わせて体験することができました。初期の絵画作品「階段を下りる裸体」「機械に置き換えられた花嫁」から、レディ・メイドの作品群、そして、さまざまな書簡やアトリエの写真など、これまで見たことのなかった関連資料も素晴らしく、もういちどデュシャンと、彼が現代美術に与えた影響についてじっくり考える機会になりました。作品についている説明のキャプションも判りやすくて素晴らしい!

デュシャンの俗に言う「大ガラス」→「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」も、レプリカですが見ることができました。これもどれだけ見ていても飽きない作品で、別のコーナーでトランクに納めたデュシャンによるさらなるレプリカも含めて、コピーとオリジナル、実態と影、ガラスという素材の意味など、単品ではなく作品群をつなげてみることで様々なテーマが浮かび上がってきます。


こちらは本物の「大ガラス」の写真。輸送中に入ったヒビをのちにデュシャンは「大きな意味がある」と考えるようになった。ヒビのため動かせなくなったことにより、輸送可能な普通の芸術作品の意味を問うものになっている。

ジャン・ヌーヴェルのカルティエ財団ビル、これも大ガラスのコンセプトを導入した建築。デュシャンの大ガラスが建築に与えた影響は大きいです。


じっくり作品群を見た後、同時に展示された日本芸術の展示も素晴らしく、松嶋キュレーターらしい批評精神により、日本芸術と西洋芸術との比較による、空間や時間概念の違い、表層には表れていない日本人の中に根付いている感覚を浮かび上がらせています。これも興味深かった。日本芸術部分の展示は国立東京博物館の作品群から今後も企画に合わせて入れ換えられていくとの事です。

さて、展示を満喫した後、一階に降りたら行列が、、、何かと思ったら今回のデュシャン展のフィラデルフィア美術館側のキュレーター、マシュー・エフロン氏の講演会が、、、なんと席に余りがあり、飛び込みで聞く事が出来ました。内容はデュシャンの生涯をたどりながら、その謎めいた作品群を解き明かしていくということで、今回の展示の内容を側面的に理解する助けになりました。

面白かったのが講演終了後のエフロン氏への質疑で、ある質問者がデュシャンのアトリエがあった場所を訪れたら、デュシャンのアトリエのあった部屋「403号室」「405号室」の間のプレートが外されていた。その部屋はフィラデルフィア美術館が所有されているのではないか?という質問で、それに対するエフロン氏の答えが、私はアトリエに行ったことがないし、そんな話も聞いたことがない、とのこと。この話もなんとなくありそうな話でもあり、デュシャンらしい謎のひとつで、草葉の影?でデュシャンがほくそ笑んでるのではないか、とも思います。

何回も書きますが、デュシャン展が空いているなんてどういうことか?講演に予約なしで入れるなんてどういうことか?なんで満員、満席でないの?と思います。こんなに貴重で画期的な展覧会なのに、客が入っていない。やっぱり日本人はスタジオジブリ展やモネ展の方かいいのか?いやジブリもモネもいいですよ。でも本物の現代美術の真髄を、ぜひもっと多くの日本人に体験して頂きたいものです。


私の一番好きな作品、「機械に置き換えられた花嫁」も実物を見ることができました。これも凄かった。当たり前ですが、写真ではわからない筆のタッチなども見て取ることができます。レディメイドの概念を生み出したこの人が、あえて絵画も続けていたらどんな作品群を生み出していたろうか、と想像しても楽しくなります。