河内町の小さな拠点「長竿亭」

竣工2016年末 (プロデュース案件)

河内町中心部の長竿地区にある、「長竿亭」は、所長がプロデュースした官民連携の施設。町に寄贈された古民家を内閣府加速化交付金も使い、飲食店と町民交流施設をあわせた「小さな拠点」として整備した。所長が最初訪れたときは雑草に囲まれて中にも入りづらい状況だったのを、町民有志の力も併せて改修した。運営を行う石嶋氏の打つ蕎麦は評判になっており、オープン後からいまも多くの人でにぎわっている。奥の公共スペースでのイベント、ミニジャズコンサートや鞄展、陶芸展で、ときに100人以上の人を集めることもあり、盛況である。