Drone Field KAWACHI

Drone Field KAWACHI

茨城県河内町、利根川のほとりにある旧金江津中学校(2017年3月閉校)を改修し、ドローンのためのフィールドとして再生した。事業主体は株式会社i-robotics。ドローンのための研究拠点の他、ドローンスクール、利根川上空のテストコースなどの運営を行う。特に、東京近郊において、利根川上空片道5kmを飛ばせるテストコースは他にはなく、校庭や近くにあるグラウンドと併せ、さまざまな運用が考えられる魅力的なコースである。

旧校舎と校庭を望む。

2018年日本を襲った豪雨で、ドローンは情報収集の手段として大きく活躍した。今後、このような災害後の対応だけでなく、がけ崩れなど災害が予測される場所での調査など、災害を未然に防ぐためのツールとしても大きな可能性をもつ。利根川に面したこの場所は、そういった研究開発の拠点としても最適な場と考えられる。

職員室を改修したコミュニケーションスペース

ドローンフィールドの全容、近隣には町運営の会館もあり、宿泊も可能。敷地内には体育館もあり、時間貸しで屋内、雨天でのテストもできる。

各教室は賃貸のスペースとして企業等に貸出可能。

所長の古宇田は、企画、改修計画、まちづくりの中での位置づけなどについて支援を行った。ドローンフィールドにご興味の方は、株式会社i-roboticsまで。

下記のように、メディア、ブログ等に取り上げられている。

ドローン拠点オープン、空き校舎で研究、実験(茨城新聞)

国内最大級のドローン複合施設「ドローンフィールドKAWACHI」がオープン

10kmの飛行コースを備えた巨大ドローン複合施設が茨城県に誕生!

Drone Times 記事