ソーラーシェアリングに関する調査支援

2011年実施

太陽光発電システムと農作を共存させる「ソーラーシェアリング」近年ポピュラーになった考え方ですが、このシステムの実証可能性について、農林水産省の助成を受け、開発者の長島彬氏、日本計装技研株式会社の藤枝会長と協働して「農作と太陽光発電を両立させるシステムの事業化可能性調査」を行いました。北は北海道から南は宮古島まで、全国でこのシステムを検討している、また実施した事業者からのヒアリング、調査を中心に、ソーラーシェアリングの事業性も含めた報告書という内容です。PVと農業の新たな可能性について検討する機会を頂きました。

→「農作と太陽光発電を両立させるシステムの事業化可能性調査

藤枝氏が会長を務める、「日本ソーラーシェアリング協会」