学校法人和田実学園 目白本館 内部

幼稚園部分については、冬でも戸を開け放ち園庭と一体化で使用するという教育方針にあわせて、輻射冷暖房を導入し、解放下でも冷暖房がある程度効くシステムを導入した。あわせて、山手線圏内ではじめての地中熱交換システムを導入、徹底したエコ化を行った。その他全熱交換器などのシステム等、様々な環境技術の組み合わせにより、通常の建物の半分程度のエネルギー消費量となっている。