Atami Villa Project

計画 2012年

熱海市街から少し外れた、海に面した断崖絶壁の上に計画されたウィークエンドハウス。施主は現代美術コレクターで、設計の際に、複雑であり単純なもの、というテーマをいただいた。景観を最大限取り込み、敷地の形状に合わせ、海を抱くようなゆるやかなR形状とした。海と空を舞台装置として、単純でありながら、立つ場所によって、空間も風景の見え方も全て違う、そんな場がプランできたと思う。円弧の重なるデザインは、その後も設計のテーマとなっている。