書評「住宅が資産になる日」

住宅が資産になる日」村林正次 著 プラチナ出版

7月20金曜日の夜、私が以前から親しくさせて頂き、プロジェクトも協働したことがある村林正次さんが、株式会社価値総合研究所を退職され、新たに「社団法人 不動産総合戦略協会」を設立され、そこの理事長になられたということで、その発足パーティーがあり、お邪魔してきました。


発足パーティーの様子。会のあった「LIFORK大手町」は、大手町ファーストスクエア一階にあるコミュニケーションスペース、新しいワークスペースのひとつ。


会には関係者の方も多く集まっておられて、村林理事長他のプレゼンテーションもあり、盛大でした。びっくりしたのは前から聞いてはいたのですが、この会に村林さんが執筆された「住宅が資産になる日」の出版が間に合っていたこと。聞けば当日の朝に届いたとのこと。

タイトルだけでも非常に共感する部分があり、早速拝読させて頂きましたが、ありそうであまりなかった、住宅の不動産としての価値について、本質から述べた本になっています。

日本の住宅の問題は、戦災による住宅不足の解消から全ては始まっています。早急に住宅を国民に供給しなければならないために、持ち家政策や、住宅公団等による公営住宅の供給など、様々な政策がとられましたが、住宅の供給が1960年代に解消してもなお、その政策は続けられ、抜本的な変化がみられないまま今に至っています。

現在、全国で流通している木造住宅は、不動産の評価として築後25年で資産としての価値がゼロになります。皆様が必死になって組んだ住宅ローンが、資産として手元に残りません。これでは、老後の住み替えや、子世代に住宅を渡すこともままなりません。その結果のひとつとして、空き家の大量発生という問題が全国的な課題となっているのは、周知の通りです。

これら多くの課題をもつ住宅問題に、住宅の歴史的な流れも踏まえながら(このあたりご出身の早稲田大学建築学科戸沼研究室の流れもあるのでしょうか)、不動産コンサルタントとして包括的な分析が書かれています。また、国内の良い事例や、海外の不動産の考え方等など紹介しながら、今後に向けた提案やヒントが書かれています。住宅や不動産に興味のある方、ぜひご一読を。


「社団法人 不動産総合戦略協会」は、これらの問題に向けて少しでも解決になるような提案をしていきたい、とのことでした。私たちが進めている高断熱住宅RCZシステムも、住宅の不動産価値を大きく上げ、ストックとして生かせるような目的に向けて展開しています。そんな中で、村林さんとはいくつかのプロジェクトを進めており、時期がきたらここでもご紹介出来ると考えています。


「子ども世代に渡せるRCの家づくり」のページに、「ストックとしての住宅」というコラムを書いています。「住宅が資産になる日」の内容にも近い部分があります。ご参考まで。

ストックとしての住宅

空襲後の東京、戦後の住宅不足の解消から日本の戦後住宅政策は始まった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です