思い出のロマンスカー

先日、現地調査の帰り、久々に小田急電鉄のロマンスカーに乗った。

私も実家は世田谷区経堂で、子どものころから小田急線沿線の住人だった。ロマンスカーは憧れで、小さい頃鉄ちゃんだった私は、ずーっと踏切のそばで電車を、そしてロマンスカーを眺めていた時があった。


ロマンスカーLSE7000型、私にとって、あと多くの小田急線住民にとって、ロマンスカーのデザインとはこれ、車両の先端から外が見えるというのは画期的で、親にせがんでよく乗ったものでありました。親父は座席を取るのが上手くて?箱根からの帰り道、チケット売り場に上手く並んで先端の車窓の席を何回も取ってくれたものである。


ってことで、今回も修善寺からの帰り、小田原を経由してロマンスカーに乗った。デザインはもちろん変わっている。GSE70000型、最新鋭の車両だ。

この車両をデザインしたのは、建築家の岡部憲明、イタリア人建築家レンゾ・ピアノと長く協働し、ピアノが国際コンペで優勝した関西国際空港のデザインパートナーでもある。ピアノ事務所の時代は、建築や都市計画だけでなく、フィアットのカーデザインなども担当している。

ヨーロッパの建築家は、上記のように、建築だけでなく、車や船のデザインなどを行うことも多い。建築家としての長い歴史の他、建築の居住性や、テクノロジーをベースにした課題解決力が評価されていることが原因である。

岡部憲明氏によるこの新型ロマンスカーのデザインも、うれしいことに、一階は客席、運転席を二階に上げた配置計画で、ロマンスカーの原点を守っている。

インテリアのデザイン、ちょっと飛行機のようなイメージ。

小机も座席サイドから引き出すデザイン、飛行機っぽくもあるが、もとからロマンスカーはこのデザインだった。

車両の間仕切り、上を透かして一体感を見せている。このあたりがやっぱり建築的な処理だと思う。

天井側の荷物置き場、ここもアクリルを入れて透かしたデザイン。全般的に「透かし」を取り入れて、軽快な処理をしているところが特徴。

外装のベースは赤、これも未来的デザインで評判だった「LSE7000型」のベースカラーを取り入れている。

かように、全般的に旧車両のイメージを残しつつ、最新のデザイン処理やテクノロジーを取り入れた車両、十分堪能させて頂きました。ただひとつ心残りは、盆前ということもあって食事が全て売り切れだったこと。ロマンスカーのサンドウィッチ食いたかった。。。泣


岡部憲明さんの、ロマンスカーデザインについての記事

建築家・岡部憲明さん 「現実に存在しているものはすべて先生」


最初に述べた日本の車両デザインの傑作、「ロマンスカーLSE7000型」、2018年9月15日、ついにラストランとの事、寂しい。

Romancecar-LSE Last Lun


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です