ジェイン・ジェイコブスーニューヨーク都市計画革命ー

コミュニティについて考える必要のあるプロジェクトが重なっていて、ちょうど「アメリカ大都市の死と生」を読み直していたところ、ネットでその著作者であるジェイン・ジェイコブズについて検索していたら、なんと彼女をテーマにしたこの映画「ジェイン・ジェイコブスーニューヨーク都市計画革命」ーが公開されるのこと。そんな映画があることすら知らず、「アメリカ大都市の死と生」を再読したばかりの私、早速観てきました。

映画はジェイン・ジェイコブスの生涯をたどりながら、ニューヨークでの市民運動を中心に、NY都市開発のディレクター、ロバート・モーゼスとの戦いを中心に描いています。彼女の活躍した1950年代から60年代のアメリカは、近代建築の隆盛期で、アメリカ中でモダニズムの考え方に基づく高層住宅が建てられました。これらは理想的な住みかとして喧伝されましたが、建ったその時から広いオープンスペースには人がおらず、コミュニティが消失し、賑わいのない場がどんどんつくられているような状況でした。ジェインの住むNYも、ロバート・モーゼスの押し進めるモダニズム都市計画により、賑わいのある古いマンハッタンの下町が破壊されようとしていました。彼女はそれにNOと叫び、市民の手による街路の復権を唱えたのです。

映画は彼女とその仲間の母親を中心とした市民たちとモーゼスとの戦いを、歴史的背景も含め、当時のモノクロ映像や本人の録音インタビュー、ラジオの声などをベースにじっくりと描いていきます。文章で読んでいたものが映像や音になっていて、やはり映画の持つ力を感じます。公聴会のシーンなど、当時のモノクロ写真と録音された声のモンタージュだけなのですが、現実に起こっていた内容のため、異様な迫力がありました。実際、ここでのジェインの挑発の結果、彼女は逮捕されてしまうのです。

また、映像的にインパクトがあるのは、スラムとなり使い物にならなくなった高層集合住宅の爆破シーン、全米各地にある高層住宅が90年代の後半に次々と爆破されていく姿がモンタージュされます。それは街路を無視し、オープンスペースと自動車を優先した場の敗北でした。

その他、高層ビルの模型を倒して、低層の群とし、この方がコミュニティが形成しやすいとしたシーン。目で見た動きのあるシーンで、スペースの関係を一目瞭然な形で表現しています。

ジェインの活動と著作は、アメリカの都市計画に想像以上の影響を与えました。1960年代末のカウンターカルチャー、近代の見直しの潮流と、ベトナム戦争の社会的背景とも相まって、旧来の街路や、古い建物、コミュニティの再生に注目が集まったのです。これらが、近年の都市計画の考え方のベースになっていることは間違いないのです。

まちづくりやコミュニティに興味のある方は必見の映画だと思います。後、建築を学んでいる学生だけでなく、社会科学などを専攻している方も是非。澁谷ユーロスペースにて、4月28日から。

ジェイン・ジェイコブスーニューヨーク都市計画革命

弘前市 前川国男の処女作「木村産業研究所」を見て

建物正面を見る。竣工は1932年。日本最初期のフラットルーフの建物。


ちょっと前になりますが、青森県弘前市に行った時に偶然見学できた、前川国男の処女作「木村産業研究所」※現在は「弘前こぎん研究所」についての感想など。

弘前市にあるプロジェクト絡みで行ったときに、偶然前川国男の処女作を見ることができた。1932年竣工で、コルビジェのスタジオから帰ってきたばかりの作品。フラットルーフ、横連窓、スチールサッシュ、吹抜けなど、当時最先端の近代建築五原則ボキャブラリーをこれでもか詰め込んだ作品。こんな北の果てにアバンギャルド建築が突然出現したようなもの。今でいえば、ザハハディドの処女作が北の果てに突然出現したようなものだと思えばよい。

歴史を紐解くと、パリで施主となる弘前の名士の息子、木村隆三氏と前川国男は親しく交流していたらしく、その流れでこの仕事が決まったとのことである。木村産業研究所は財団法人であり、地域の産業の発展のために設立された、今の地方創生の共通した理念を持ち、その意味でも時代を100年近く先取りしていた(いや、100年たっても解決されていない課題というべきか、、、)。最先端のものを持って来て地域に刺激を与えるとか、それを許した地元のパトロンも含めて、何かいま私たちがやっていることにつながっている気がして嬉しくなった。ちょうど一般公開されており、中を小一時間見学させて頂いた。

エントランスホールのスチールサッシュ

当時前川国男がデザインしたバウハウス流の家具

主階段とそのディテール、モザイクタイルのボーダーがアールデコ調。アイリーン・クレイの建物と同じく、モダニズムとアールデコの共存したデザインが時代を感じさせる。

二階は前川国男記念室となっており、作品のパネルが展示されていた。(現在はどうなっているのでしょうか?)

エントランスホールの吹抜け見上げ、コルビジェ譲りの前川さんらしい原色のデザイン。東京文化会館などでも見ることができますね。


当時として最先端のデザインで、特に屋根など、雪も降る弘前では大変なデザインで、雨漏りと凍害で苦労したらしい。(よい防水材などない時代あたりまえですね)。壊されずに100年近い時を経て今でも生き残っていることが素晴らしい。今使われているこぎん研究所も、こぎん刺しという古くからの手法を今に生かす研究を行っている、いわば地方の歴史的技術の拠点、そして、前川の建物が新しい地域の財産として価値を生み出している。