北千住で

いま、北千住で木造住宅を設計しています。準耐火構造の木造3階建て住宅で、現在確認申請中、年内着工を予定しています。3階建てにしたのは水害対策で、今年の台風でも住宅近くの荒川は氾濫はなくても水位が相当上がっていました。足立区のハザードマップでは住宅の建てられるエリアは5mまでが水没する可能性があり、当住宅の3階レベルは5m以上にセットしてあります。

近年地球温暖化の影響でこれまでに例のない台風などの気象災害が頻発しています。当事務所でも災害対策のプロジェクトが株式会社ソーラーポートと協働でいくつも動いており、個人住宅といえども災害を考慮した設計が必要とされていると思います。

 

UR集合住宅歴史館訪問その3-戦後最初期のシステムキッチン

住宅公団蓮根団地に設置された日本最初期のシステムキッチン


UR集合住宅歴史館についての記事3本目です。

晴海高層アパートとほぼ同時期に竣工した、板橋区蓮根団地(昭和32年(1957年)竣工)に設置された日本最初期のシステムキッチンを見学しました。

こちらもベランダまで再現されています。ベランダ側から入りました。

食堂と寝室が分離されたのは実はつい最近、戦後になってからの話です。それまでは日本の庶民の住宅は食住一致していました。これが分離されたのは、戦前から戦後にかけての建築家(建築学者)の西山夘三による日本住宅の使われ方調査によるものです。これらの研究は戦中から戦後にかけて、同潤会調査部から住宅営団において行われました。この結果をベースに、職住分離のコンセプトが立てられ、蓮根団地はそのプロトタイプとして作られたものだったのです。

キッチン詳細、人造石研ぎ出しの仕上げです。この後、ステンレスキッチンが開発され、採用されます。(人造石研ぎ出しの仕上げが採用されたのは少ない、これは貴重な遺構)

これは引きの写真、システムキッチンと併設されたダイニングテーブルも戦後初期のモノ、その斬新なデザインはとても人気があり、持っていかれないように鎖で繋がっていたとのこと。

こちらは同潤会アパートに設置されたキッチン、つい10年前の最先端でもこんなデザインとレイアウトでした。(まあ戦前戦後の違いはありますが、、、)

こちらは昭和33年(1958年)竣工の多摩平団地テラスハウス、こちらはステンレスシステムキッチンが導入されています。大分今のデザインに近付いてきています。

戦後15年の間に、日本人の生活は革命的な進化がありました。これは戦争の破壊によるインフラの一新にも起因しています。古い日本の生活や、家族習慣が、住宅公団の団地の登場によって一気に変わりました。その影響は、今でも続いているといっても過言ではないのです。


関連する記事

UR集合住宅歴史館訪問その1-同潤会アパート

UR集合住宅歴史館訪問その2-晴海高層アパート

 

 

 

 

UR集合住宅歴史館訪問その2-晴海高層アパートメント

晴海高層アパートメント模型、ここも現存するとき、何度も訪問した。平成9年に解体。現在は晴海トリトンスクエアになっている。(その落差に、最初は位置関係もわからなかった。)


先日の、UR集合住宅歴史館訪問のつづきです。次は晴海高層アパートメントについて。昭和33年竣工。日本最初の高層アパートです。設計は東京文化会館など、日本の近代建築の牽引車であった前川国男。

まずは模型から。全体のデザインは力強く、やはり前川の師匠であるル・コルビジェのユニテ・ダビダシオンを想像させます。

この模型は3層6住戸を一単位としたメガストラクチャーの構成を表現しています。将来の住宅の、規模も含めた可変を考慮した先進的なものでした。現実はそのような大規模な変更はなく、このままの構成でつかわれつづけたのですが、、、。

素晴らしいのは住宅のインテリア。全ての線が一致するように、高さ、畳の割り付け、欄間の位置が調整されています。前川らしい几帳面なデザイン。

一方で、配管は当初露出配管だったとの事。スペースの有効利用を考えていたとの事ですが、、、。

前川国男デザインによるダイニングテーブルと椅子。かっこいい!

WCと風呂の境界壁のデザイン。照明が両方を照らす形に。当時は照明の電力消費量が大きかったことによる苦肉の策。

これが面白い。各住戸へのアクセス図。スキップフロアのため、各住戸を訪れた人が迷わないようにとの配慮。でも、当時はスキップフロアなどないから、混乱しただろうな。。。

こちらは移築されたシリンダー状の外部階段。竣工後住民の要望で追加されたとの事。現地から良く持ってきましたね。

階段の模型、最初から設計されていたのかと思っていました。

かように、外から眺めたことはあったけと、インテリアを見てその良さを再確認しました。晴海高層アパートを解体すると聞いて、よくもまあそんな日本の建築遺産を解体するか、と思いましたが、いまだったら保存して再生する、という選択肢もありえたかもしれません。メガストラクチャーが現代のニーズに合わせて再生するところを見たかった気がします。


弘前市 前川国男の処女作「木村産業研究所」を見て

前川国男の処女作の視察記

前川國男の外装/上野公園の建築3題

外装材をテーマに、上野にある前川国男の建築について