「アメリカ大都市の死と生」

「アメリカ大都市の死と生」黒川紀章訳、1977年、原著は1961年


現代都市計画を考える上でのバイブル、原著の出版は1961年なのに、いまだにその中身は古びていない。前のブログにも書いたけれども、コミュニティのデザインなどを考えるとき、しばしば読み返す本。だけど、まさかこの人をテーマにした映画が製作され、しかも日本で公開されるとは思わなかった。それは、この本で書かれているモダニズム批判、街路の再生、コミュニティの再生が、いまだに価値があり、日本でも大きなテーマなっているということなのだろうけど。(私もいま単に思考としてだけでなく、実際のプロジェクトの要素として考えている)

目次を見るだけで、この本の言いたいことの概要はわかる。目次を書き写す。

Ⅰ章 都市の特性

  1. 歩道の用途ー安全性
  2. 歩道の用途ー接触
  3. 歩道の用途ー子供の同化作用
  4. 近隣公園の利用
  5. 都市近隣住区の用途

Ⅱ章

  1. 多様性の発生源
  2. 混用地域の必要性
  3. 小規模ブロックの必要性
  4. 古い建物の必要性
  5. 集中の必要性
  6. 多様性についてのいくつかの神話

この目次の項目に合わせて、豊富な逸話が語られていく。そこで語られている様々な近代的計画によるコミュニティの消失、モダニズムの理論に合わせて建てられた高層住宅が、竣工と同時に賑わいのない場になること、そしてそれが住民の退去の原因になり、治安の悪化とともにスラムへの道を歩むこと。それらは何年もたってわかったのではなく、竣工した時から人のいない広場を見ただけでも明らかな事態だったのだ。

この本は日本においてもユニークな受容の過程を経ている。翻訳はあの黒川紀章、訳者あとがきを読むと、1961年彼がNY大学を訪問した時に学生たちがこの本について議論しており、それに巻き込まれたのがきっかけだという。一見黒川のスケールアウトの発想からは縁遠いように見えるが、彼が中間領域をデザインしたいくつかの作品、「福岡銀行本店」や、表参道の「日本看護協会ビル」の裏通りへの通り抜けの道など、街路や賑わいの復権は彼の思想にもしっかりインプットされているように思える。


この本は実は1977年の日本語版出版当時、後半が翻訳されていない。その部分をずっと読みたいと思っていたところ、なんと2010年に完訳が出た。翻訳者はあの山形浩生。こちらも近々読んでみるつもりである。1977年版はSD選書のフォーマットの中で内容をぎゅうぎゅうに詰め込んでいるため字が小さく読みづらい、新訳は字も大きく読みやすそうなので、それもありがたい。

アメリカ大都市の死と生(2010年版)山形浩生訳


日本も1970年代の近代の見直し、オイルショックなどの流れの中で、この本で書かれているような街路の復権、テラスハウスやタウンハウスなどの低層集合住宅の考え方が市民権を得たが、1990年代のバブルのおかげで、高層マンションがすっかりポピュラーなものとなり、バブル崩壊以後もその流れが続いている。住み手の側からの高層住宅の否定と、街路の復権という意味で、この本はいまやアメリカより日本や中国での価値が高くなっていると言えるかもしれない。

古びない素材としての煉瓦

RCZ住宅HPのコラムに、煉瓦の素材としての魅力について書きました。最初構造材や耐火材として導入された煉瓦が、仕上げ材としての魅力でいま再注目されるべき存在であることについてのコラムです。長く使う建物には、経年変化により魅力が増す材料の選択が重要です。次世代に渡せる住宅づくりにむけて、資産としての建築の参考として、ぜひお読みください。

→古びない素材としての煉瓦

隅田公園にて、、、

打ち合わせの帰りに隅田公園に寄った。錦糸公園などと並び、ここも関東大震災の復興計画の中で、後藤新平の計画した公園のひとつ。700本の桜は8代将軍吉宗公の植えたものがルーツとなっており、川を活かした親水公園は江戸から東京へ引き継がれた。公園上を通る首都高速は、この時代に整備された隅田川の緑のネットワークがなければ成立しなかった。パリやロンドンをモデルとした親水公園が、都市のバッファーゾーンとして、新しい交通システムのためのスペースとして機能したのである。さて、今度のオリンピックに向けて、東京の都市計画はどうなっているのかと、今よりはるかに先を見据えていた後藤新平の先見性に思いを馳せながら桜を見る。


完成直後の隅田公園の絵葉書。首都高速がなければどんなに素晴らしい景観か。これから自動運転など交通革命が起こる、その時にもう一度首都高速のあり方を考える時代が来るでしょう。

田中辰明先生宅ご訪問

さる先日、日本計装技研藤枝会長のご縁もあり、日本の外断熱の第一人者である田中辰明先生のご自宅にお伺いしてきました。田中先生は、今は退官されていますがお茶の水女子大学で長く教鞭を取られており、環境工学の権威です。特に日本に外断熱を広める努力をなされ、一般社団法人 日本断熱住宅技術協会の理事長であります。ご自宅に訪問したのは、断熱についてお教えを伺う他、築37年経つ、日本でも最初期の外断熱住宅をこの目で確認したかったこともありました。

躯体はRC造3階建て。外観を見たところ、築37年というのに、塗装は少しも傷んでいない様子です。塗り替えは何回おやりになりましたかと質問したところ、たった一回ですというお話、当時は、まだ日本に外断熱の技術をもった会社が殆どなく、材料はドイツから輸入されたということでした。断熱層の厚さは30ミリ、これでも当時は大変なことだったそうです。また、建築計画的にも、吹き抜けを利用したソーラーパッシブを利用し、RC躯体蓄熱や、夏の換気に利用しているとのこと、スキップフロアの階段もみせていただき、日本最初期の外断熱エコ住宅を体験できました。

お話を伺う中で、初期の外断熱導入の苦労、とくに耐火性能確保との戦いや、周囲の無理解など、導入までの長い道のりのお話を聞き、今では外断熱は良いという常識になるまで、長い年月がかかっていたのを理解できました。
健康と建築との関係について、近年調査が進み、当事務所でも高齢者住宅を中心にそれについての相談もあり、今後研究を進めていくのに対し、大きな知見を得ることができました。今後ともいろいろご指導願う予定です。

一方で、田中先生は、ドイツ留学されていたということもあり、プルーノ タウトの研究家で、それについての著書もあります。私の卒論がバウハウスだったということもあって、すっかりその辺の話でも盛り上がり、30年ぶりにハンネス マイヤーという元バウハウスの校長の話になりました。彼の構成主義的な未完のプロジェクト、国際連盟案や学校案が私は好きだったのです。
プルーノ タウトの集合住宅も、大改修が行われ、外断熱住宅として生まれ変わっています。欧米とのストックの考え方の違いがわかる話です。日本の建物、特に住宅の断熱性能は欧米に比べて低いので、それを向上させることが、これからの住宅で最も重要な要素になります。このご自宅、子供世代との二世帯住居で、今年の春には改修を予定し、最新鋭の断熱サッシュをドイツから輸入して取り付けるとのこと、良いストックは改修することで性能を維持向上させ、長持ちし、結果的には大変安くなるということです。

昼過ぎにお伺いし、家を出たのはすっかり暗くなってからでした。お世辞になりました。今度は建物の写真をちゃんと撮らせて下さい。


木質系の外断熱材の見本。結露を考慮し、外部と呼吸し、水分が抜けるようになっている。